FC2ブログ
twi_icon_kazuto1.jpg

片恋いコントラスト 第一巻
樫永和兎 (CV:日野聡) 感想

初恋編 第二章

無題

いつ出てくるんだろう、いつでてくるんだろうって思ってたけど
やっと出てきてくれたあああ(´;ω;`)ああかっこいい

けど、どうやら主人公は苦手なタイプな様子
誰にでも優しい、怒ったところを見たことがないなんて
誰にだってカチンとすることはあるだろうに
本性が見えない感じがして、底知れないところが苦手なんだろうね

告白現場を目撃してしまい
「まずは友達から」って優しい彼は誰も傷つかない方法で
やんわりと断っていたんだけど

無題

やっぱりそういう一面在りましたかあああ
いいぞ、もっとやれ。
幻滅したよね?いやいやそんな仮面かぶってるところも
毒吐くところも好きだよ。人間味あっていいと思う
むしろ好感度UP

『僕は嫌われたくなくて、いつ誰にもいい顔しちゃってるだけ
弱虫なんだよ、本当の自分が見せられなくて』

球技大会の話題になった時
椎葉くんに苦手なら教えてもらったらいいという
選択肢を選んだ時の「嫌だ」の言い方毒入ってて好きだったな
彼の主人公の言葉に勘違いしそうになるって
冗談でからかった後に「僕はしたけど」ってまた
嘘か本当か分からない発言するところも好き


初恋編 第五章


椎名くんに振られたことを伝えると、ちょっと意味深だったなあ
主人公が言われたのは、「お前のことが大事だから
友達以上には見れない」ってことだったんだけど
その違いに何かありそうだね

傷恋編 第六章

こういうと、和兎くんは怒るかもしれないけど
やっぱり椎名君と強引なところは少し似ているかも
でも主人公は引っ込み思案だし
こういうところはうまく調整がとれているのかもしれないね

無題

スガズカと入る込んで来るかと思いきや
見られたくないだろうってわかっているから顔は別方向を向けて
それでも手は握ってくれて、この人いい人すぎるから

優しそうで優しくなくて…でも優しくて
「手が暑い」といいながらも話してくれていいって言うと「嫌だ」って言うし
もうこういう一つ一つの言動ですぐ好きになるわ

前に進むために僕と”恋人ごっこ”をしよう
本気か嘘か、掴みどころがなくて
言い方が一々ずるい彼

無題

ああもう、可愛いなあ!
あざとい。

保さんと和兎くんと体育祭の応援合戦をすることになった
主人公は「私あの子になりた~い」とうらやましがる女生徒たちを見て
私があなたになりたいと切実な思いをぶつけていました


傷恋編 第七章

椎名くんのことは好きだけど、未練とあきらめも出始める
そんな中で彼は凝りもせずに「恋人ごっこ」を持ち掛けてくるし
掴めない彼を知ろうとすると
「それ以上入ってくるなら本物の彼女になってもらわないと
今の君じゃ、教えられない」って…
くるりと翻されちゃう

でもそういうところも好き

傷恋編 第八章

無題

ついにやってきた文化祭なんだけど、相変わらず映えますね
予想はしていたけど可愛い
違和感ゼロ

無題

出でいますよ、お兄さんwww
心の声が
見せるつもりなかったのにとか、間が悪いとか
結構落ち込んでいたけどそれはそれでカワイイヨ(別料金)

体育祭の応援合戦ではカズコちゃんではない
(根に持ってたよこの子)
王子様力を発揮してくれてかっこよかったですよ


でも彼女が椎名くんを選ぼうとするたびに
無理やりにでも引き止めようとするのは何でかな
かたくなに自分を選ぶべきだ、って
彼らの間に絶対何かあるよね

彼が何を隠しているのかはわからないけど
まるで助けを求めているように見える
だからこそ、主人公も協力する気になったみたいだ

彼の言う「恋人ごっこ」に


三角関係編 第十章

他の誰を受け入れられても、椎名くんだけは
彼だけは選んでほしくない、その感情が彼のどの部分から
来るのかはわからないんだけど


三角関係編 第十一章

全てに決着をつけに行くんだと、椎名くんに宣戦布告をする。

無題

絶対幸せになってほしいんですけど(´;ω;`)


椎名くんは、自分のせいで和兎くんのお兄さんが
亡くなってしまったと思ってる。
事故に巻き込まれたんだけど、だから
主人公が怪我をしたときあんなに狼狽えていたんだね

無題

昔から椎名くんに対して劣等感を抱いていて
兄とも椎名くんのほうがよっぽど兄弟らしかった
どうして、彼はこんなに自己肯定感低いのかな

最初は椎名くんへの対抗心からの行動だったかもしれない
でも彼の言動一つ一つは無自覚だったころから
真摯に主人公に向かっている
皮肉れているけど彼のそういう真っ直ぐな不器用さが好き

ウソならいくらでもつけるし取り繕うことも出来る
だけどそれをしないのはもし嫌われることになったとしても
彼女には本当の自分をちゃんと見てほしいから


なぜか主人公が渡すチョコを二人が選ぶことに
幼馴染の二人がどこまでお互いのことをわかっているのかが
試されますww

無題

そこは気がついてはいけないところですねえ、和兎くんw

無題

というより二人におそろいのストラップあげる冴子ちゃんが
マジで可愛くてうおおおおってなる
本当に冴子ちゃん可愛い

三角関係編 最終章

やっと椎名くんともちゃんと向き合えてさ
誤解が溶け合い始めたのに
だからこそ、椎名くんとのことを応援するって
好きだからこそ、大切だからこそって言われても嬉しくないよね

やっと気持ちを伝えられると思ったのに
好きな人にそんなこと言われちゃ
自分の気持ちよりも、椎名くんのが大事なのかああって
そりゃ怒るよ

そしてまさか当事者の椎名くんに恋愛相談する羽目になるとは
ちょっともうよくわからん

新学期になって三人同じクラスになって
なぜかガン無視されるのは互いに
くっつけとか無駄に応援しているから余計に
関係がこじれてしまっているせいで…

だけど、思春期の男の子らしい
ピュアな一面が見れてちょっとにやけたよね

友達からやり直そう、そんなのできるわけがない
起こってしまったことは巻き戻せない
「君は、ファーストキスの相手を変えられる?」

無題

”一生僕だよ”に一旦昇天したよね
椎名くんルートの「これでやっと僕らは友達になれるかな」
も好きだったけど、やっぱり和兎くんには幸せになってもらわなきゃ
私が困る

ああもう無理だ~~~~
私二人が幸せそうに笑っている空間の空気になりたい!

H30.11.04

よければポチッとお願いします↓

にほんブログ村
こちらも↓

乙女ゲーム ブログランキングへ



2018.11.05 Mon l 片恋いコントラスト l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿